東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

高橋智也「レポート発表 『食べ物事典を作ろう』〜読む目的を持たせる説明文の導入」感想記録

2008.12.16 Tuesday 04:11
0
    高橋智也先生のレポートの実際

    タイトル「国語(3年)「すがたをかえる大豆」「食べ物事典を作ろう」〜読む目的を持たせる説明文の導入〜


    高橋レポ

    QA


    Q「ありの行列」と「すがたをかえる大豆」は同じ単元の内容だったのか。
    A 「ありの行列」は1学期の単元で,「すがたをかえる大豆」は2学期の内容である。

    Q 学習計画表は担任が作成したのか?また,「ありの行列」でも同様の作業を行ったの か。
    A 学習計画表は教師が作成した。「ありの行列」では,単元計画の1時間目の最初に提 示した。

    Q 校内研究との関連について教えてほしい。
    A 通常の説明文の学習では「教材文を読む→初発の感想」という流れが一般的である。 しかし,児童の実態を考えると,「説明文をどんな目的で読むのか」という意識が低い のが実態である。
    そこで「説明文を読む目的や読み方」を意識させるために,本単元の1時間目に本実 践を行った。

    Q 「話し合いを振り返って,単元名とリード文を確認し,単元を通して,どのようなこ とをし,どのような力をつけていくかを確認する」 とレポートに書いてあったが,誰 がどのように確認したのか。
    A 話し合いから出たことを教師が2つにまとめた。

    Q 「白紙のA4の紙を配り,喜んで鉛筆を動かす児童は数名・・ 」書いてあったが, 教師はそれに対して,何かの手だてをしたのか。また,「食べ物辞典」の概念を児童は どう思ったのか。

    A まずは,児童の状態を把握するために,詳しい説明はしなかった。鉛筆を動かしてい た児童は,まず自分の知っていることを羅列していた。状況を把握した後,作業中だっ たが,ストップした。その後,以下のような話し合いを行い,今後の構想と,情報の読 み取りを意識させるようにした。 

    Q その後,「食べ物辞典」は完成したのか。
    A 現在作成中である。

    Q A4の白紙の紙を用意するのでなく,辞典を作る上でフォーマットがあればよかった のでは?
    A フォーマットは用意していなかったが,この展開から,単元の学習を通し,「読むこ と」と「書くこと」を意識させたかった。児童は,説明文の学習の目的が希薄な面があ る。そこで,「この単元は,何のために進めるのか」を指導することで,児童が学習の 意図を理解できるよう心がけた。

    <上條先生から>


    ○ 「明日の授業」形式のレポートは,まずレポートを読んでみて「まねができるやり方 ・情報」を意識して書かなければならない。あいまいな語句では読み手が違う解釈をし てしまうので,具体的に記述する必要がある。
    ○ 基本的なアイディアは悪くない。ただ,レポートの中で,「困ったことはないか」と 児童に投げかけたときに,児童がざっくばらんに言える状況があったかどうか,間に教 師の技術があったのかどうかがわかるようにしたい。(例えばKJ法の手法をとるなど)「困ったこと」→「次の流れ」へ展開するためにも教師の技術的配慮が見えるレポートで あってほしい。

    <記録者から>


    高橋先生,第一部デビューおつかれさまでした。
     私自身も,この青年塾での学びを通して「書く」ことの重要性に気づくことができました。私も研修のレポートなどで,「確認する」という表現を安易に使ってしまうことがあります。しかし,大事なことはこの「確認する」という語句の裏側にある情報を伝えることが,読み手にとって一番知りたい情報であるし,何より,書き手がその部分を詳細に書くことによって,うすら覚えであったことが鮮明に浮かんできます。今回を機に,たくさんの実践を発信し,お互い共有できたらいいなと思いました。ぜひ,次回の青年塾では,児童が作成した「食べ物辞典」を持ってきていただいて,さらに検討できたらいいなと思っています。      

    (文責:東北青年塾生「片野」)


    「第8回東北青年塾 記録」目次

    第1部 模擬授業&レポート発表&ミニ講座


    1. 阿部隆幸「模擬授業 読書へのアニマシオン 作戦2『これだれもの』より『うんちしたのはだれよ!』」
    2. 高橋智也「レポート発表 『食べ物事典を作ろう』〜読む目的を持たせる説明文の導入」
    3. 佐藤正寿「ミニ講座 『私の仕事術』」

    第2部 真田伸夫先生講座 「理科授業づくりミニネタ集」


    1. 真田講座感想記録

    第8回東北青年塾の記録 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    | kd shoes | 2018/03/25 8:12 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック