東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

第8回東北青年塾のご案内

2008.10.25 Saturday 05:29
0
    8anai

    「東北」で「理科の授業づくり」と言えばこの方!『小学校理科の学習ゲーム集』『理科の授業ミニネタ&コツ101』(以上、学事出版)等の執筆や授業実践で著名な真田伸夫氏(山形・寒河江市立白岩小学校)をお迎えして、第8回東北青年塾を開催いたします!

    〜東北青年塾とは(東北青年塾設立の目的)


    ☆東北青年塾でご一緒に!
    「子どもとのコミュニケーションがうまくいっていない気がする」「授業になると休み時間で見られるような明るい表情が消えて子どもたちは沈んだ表情になる」「授業中のよどんだ空気をどうにかしたい」そんなことを感じたことはありませんか。一人で考え込むよりも同じような悩みを抱えている人たちが共に集まり学び合うことで、明日の授業を考えることができるのではないかと思います。学校に行くことが楽しくなるのではないかと思います。
     そんな考えのもと、東北地域に住む若手(だと思っている)教員、講師、教員志望の学生と一緒に「授業成立の基礎技術」の集積、開発、習得を行う「東北青年塾」を立ち上げることにしました。興味のある方は下記をお読みいただき、必要項目をご記入の上、メールでお申し込みください。

    ■日時


    2008年12月6日(土) 13時20分〜17時

    ■場所


    仙台市青葉区中央市民センター 第5会議室

    ■会費


    2000円

    ■定員


    30名

    ■内容


    13:00〜13:20 開場&受付
    13:20〜13:30 開会
    13:30〜14:50 
    第1部 模擬授業・ミニ講座・レポート検討
    1. 仕組み
      立候補制で、かつ早いものから受付の「模擬授業」「ミニ講座」または「授業レポート検討」会です。早く立候補した方から受付しますので躊躇せずどんどん立候補してください。概要や立候補の仕方は以下の通りです。レポートの形式は授業づくりネットワーク誌の「あすの授業」形式とします。
      過去に模擬授業やレポート発表をされた方の発表も大歓迎いたします。とにかく早い者順の登録になります。
      「あすの授業」形式につきましては、以下のホームページをご参照ください。

      1. 模擬授業の場合の進め方
        1. 指示発問を中心とした授業の場合
          1. 模擬授業時間は10分。
          2. 質疑応答時間は10分

        2. 活動を中心とした授業の場合
          1. 模擬授業時間は20分
          2. 質疑応答時間は10分

      2. ミニ講座の場合の進め方
        1. 特定の教育技術、ミニネタを2、3披露する。これを15分。
        2. 質疑応答の時間を10分

      1. レポート検討の場合の進め方
        1. レポートを読み上げる時間と質疑応答時間を合わせて15分。


  • 立候補方法
     「第8回青年塾発表者立候補」というタイトルをメールに付けて以下の内容をお書きの上、阿部隆幸(iabetaka@yahoo.co.jp)までメールをお送りください。
    (1) 名前
    (2) 発表の種類(指示発問を中心型模擬授業か活動執心型模擬授業かミニ講座か授業レポートか)
    (3) メールアドレス
    (4) 勤務名


    15:00〜16:50 
    第2部 真田伸夫先生講座「理科授業づくりミニネタ集」
     「理科嫌い」、「科学離れ」などという言葉を聞くが本当か?と思うときがあります。実はそうではありません。
    理科授業づくりのアイデアや魅力ある実験ミニネタで教科書内容を補完し、魅力ある理科授業を創り出しましょう。単なるネタ見せだけでなく、効率的な授業展開の方法も示す予定です。

    進め方は以下のように行います。
    Q&Aの時間を30分確保しました。ぜひ真田先生のご著書を事前に読むなどして、積極的な交流をいたしましょう。
     (1)真田伸夫先生の講座(70分)
     (2)Q&A(30分)

    16:50〜17:00 閉会
    18:00〜 懇親会(仙台駅近辺) 会費は4000円程度を予定

    ■申し込み方法


    以下の内容を書いて、阿部隆幸(iabetaka@yahoo.co.jp)までメールを送ってください。
    参加費、懇親会費は当日受付でお支払いください。
    1. お名前
    2. 勤務先
    3. 教師(講師)経験年数
    4. メールアドレス
    5. 懇親会参加の有無
    6. 一言(申し込み理由、学びたいことなど)


  • イベント案内 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    | nike air vapormax | 2018/04/26 6:40 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/939014

    トラックバック