東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

武田直樹「春の色いろ植物ビンゴ」感想記録

2008.06.13 Friday 04:25
0
    武田レポ

    そのときに使ったワークシート
    武田ワーク

    * 武田先生の補足
    ・2年生、生活の内容

    質疑応答



    Q:1段目の指示枠ですぐに活動にはいることができたか。
    A:指示枠以外に3点説明した。
     (1) ワークシートを使っての記入説明
     (2) 場所移動の説明
     (3) 注意事項

      さらに、1〜2名はエリア1で個別に支援した。

    Q:ビンゴをそろえるための書き方の工夫の説明はしたか
    A:特に何も言わなかった。左上から埋めていく子もいた。ビンゴの経験がある子は真ん中から書いていた。ビンゴがそろうのに色は無関係でやった。一列そろったらビンゴとした(数集めが主眼)。

    C:教室で(ビンゴ表の「いろ」枠に)色を塗ってから探しに行けば偶然性が入ってよいのではないか。

    C:「授業のへそ」でビンゴをメインに据えている。授業の流れの書き方は違ってくるかもしれない。

    C:ビンゴであれば、ふり返りの時間にビンゴゲームをしてもよいかもしれない。

    Q:参考文献の情報はどのようなものだったか。
    A:(ビンゴではなく)色探しの内容だった。

    C:参考文献の情報も原稿に盛り込むとよい。

    Q:エリア1〜3の設定は教師が見せたいとの思いからか。
    A:安全面と、自生している植物を見せたいと考えた。

    Q:子どもたちが知らない花があったときのフォローはどうしたか。
    A:図書室の図鑑で調べてもいいねと声がけをした。
      子どもたちが描く絵の中にもよく分からないものがあった。


    上條先生のコメント


    • ただ漫然と探しに出るよりも、色という枠があることで、すごく楽しい活動だったろうと想像する。

    <原稿の書き方について>
    • 授業の流れ[1]
      • ワークシートをいつ配って、どのタイミングで説明したのかが見えにくい
      • 「実際に書きながら説明する」では、わかりにくい
      • 読み手にわかりやすい書き方、流れで書く事が重要
      • 指示枠内の言葉の順序を吟味する必要がある

    • 授業の流れ[2]
      • エリアを分けた理由に「他の植物を見せたいから」を加えた方がいい

    • 授業の流れ[3]
      • 指示枠内の言葉を分かりやすく整理するといい

    記録者感想


     授業のへそに「色という視点を与え、事実(春の植物)を探しやすくする」とある。
    私は、色を意識することで発見の幅を広げる「カラーバス」が頭に浮かんだ。
     レポートでも、子どもたちに「色」を意識させることで、“花が見える”から“花を見る”に変えている。
     意識すること(させること)の重要性を再認識した。
     1単位時間が、ただの散歩になるか、それとも「春には様々な植物があることに気づく」時間になるか。
     武田先生のクラスはまちがいなく後者であったろうと思う。
     教師の授業作りへの意識が、どれだけ子どもたちに影響を与えるのか、あらためて教えていただいた。
     武田先生は、さらにビンゴを導入することで、色探しの意欲も高めようと工夫されていた。
     子どもたちが我先にと外に飛び出していく様が見えるような内容だった。

     授業のよさを追試可能なレポートとしてどう伝えるか。
     レポートの書き方という点で、私自身学んでいかなければと思いました。

    (文責:東北青年塾「中嶋」)


    「第6回東北青年塾 記録」 目次

    第1部 レポート検討(あすの授業形式)


    1. 片野靖久「茨城わくわくツアーを企画しよう」
    2. 西塔枝里「スーパーのちらしを使って、県とり合戦」
    3. 武田直樹「春の色いろ植物ビンゴ」

    第2部 石川晋先生講座「『積み上げ 型』で授業をつくる」


    1. 石川晋先生 講座
    2. Q&A


    第6回東北青年塾の記録 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック