東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

東北青年塾で使用する「授業実践レポート」のフォーマット(ひな型)

2007.09.11 Tuesday 19:21
0
    あすの授業見本
    このページから東北青年塾のレポート検討の際に用いられるレポートの執筆要項をダウンロードできます。
    この形式は、教育月刊誌「授業づくりネットワーク」(学事出版)の「あすの授業」のコーナーで創刊当初から長く採用されているものです。
    以下の特徴があります。
    1. 1時間の授業を紹介する
    2. 指導案ではなく、実践を通したものとする。
    3. 原則として、オリジナルな授業を取り上げる(先行実践がある場合は、その旨を明記する)。
    4. 授業の手順をその通りにやれば、誰でも授業が再現できる記述をする(再現可能性)
    5. 授業の実際が、生き生きと伝わるように記述する(伝達可能性)

    「『あすの授業』書き方マニュアル」(授業づくりネットワーク1994年4月号)より引用」

    わたしこと、阿部隆幸は授業づくりネットワーク創刊以来の読者ですが、初任者のころ、そんな授業をしていいか迷ったときは(コンピュータにデータベースを作成しておいて)、過去のあすの授業をそのままに追試していたことがよくあります。それで少しは力がついたのではないかと思っています。

    最近は疑似体験が大切と模擬授業が大きく取り上げられるようになっています。もちろん、実際に声を出したり動いてみたりと模擬授業で鍛えられる部分は大きいものがあるでしょう。

    しかし、自分の授業実践を文字にして一言一言自分の指導言やふるまい、子どもたちの反応を振り返ることは自分の力をつけるためには大切なことと思います。

    そこで、何となく文章に残すのもそれはそれで力がつくのでしょうけど、一定の形式(フォーマット)に則って書くということは多くの人たちと情報を共有するという意味でとても大切なことと思います。
    自分のレポートを吟味してもらうことで力がつき、ほかの方々のレポートをいただいて帰ることで授業のレパートリーやネタが増える。充実した時間になること必至です。

    以下に3つのファイルがダウンロードできるようになっています。クリックしてご自分のパソコンへpdfファイルを取り込み、どうぞお使いください。


    * 授業づくりネットワークを定期購読している方は、「自分が書く視点」に立って誌面の「あすの授業」を読んでみるといろいろと新しい発見があるように思います。

    資料室 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/210240

    トラックバック

    第2回東北青年塾の案内

    あべたかさんから第2回東北青年塾の案内が来ました。今回は私も参加するつもりです。...
    | 日本教育blog巡り(研究会等お知らせ) | 2007/09/17 1:39 PM |

    第5回東北青年塾のご案内

    あべたか先生から許可をいただいて転記しています。発信者:望月陽一郎以下転記内容−...
    | 日本教育blog巡り(研究会等お知らせ) | 2008/02/28 7:12 AM |