東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

第32回東北青年塾 青木将幸さん「ファシリテーター的教師のふるまい方」感想記録

2013.02.03 Sunday 02:15
0
    第32回東北青年塾板書

    平成25年2月2日(土)13:00〜17:00。「エル・ソーラ仙台28階 研修室」にて,第32回東北青年塾を開催しました。
    講師に,青木将幸ファシリテーター事務所の青木将幸さんをお招きしての「ファシリテーター的教師のふるまい方」講座でした。ファシリテーターとしての「技術」ではなく、「あり方」「考え方」を中心に学ぶ半日でした。数多くのことを学ぶことができました。
    以下,感想です。
    お読みください。

    【参加者の感想】


    今日はありがとうございました。「やり方」の研修は数多くあれど、「あり方」について考える機械はなかなかないのではと思いました。自分の「あり方」をふり返る作業は一人ではやろうとしてもなかなかできない。他者との会話の中で話す中で気づき、発見、触発されるもの。今回の気づきです。

    たくさん話したなーというのが最初の感想です。話し手すっきしてるというのは周りの方々が丁寧に聞いてくださって、ファシリテートしてくれたからだなと感じます。よく聞く(聴く?)ことは、難しいけれど15分挑戦してみたいと思います。新たな出会いに感謝しています。ありがとうございました。

    ファシリテーションというともっと技術的なものが中心になるかと思っていましたが、「あり方」について自分を見つめ直すことができた時間となりました。も大解決のあり方や子ども(教育)の見方など基本的なところ、自分の土台となるようなところについて大変考えさせられました。ありがとうございました。

    午前中に、ある有名な先生の講座に参加しました。学力向上をねらい、「教える」ことの大切さについて改めて学ぶことができました。そして午後は真逆の内容(笑)。でも「考え方」「あり方」は教わるものではなく、「評価しない」「せかさない」「聴く」「待つ」ということを通して、子どもたちから考え方を引き出すことも大変重要なことである、と実感しました。1年間のファシリテーター講座で、新たな教育観を得ることができました。教師として大きな変化ができた年でした。ありがとうございました。

    「よき聴き手を得れば、人間は問題を自分自身で解決できる」という境地があるのかと驚いた。トーク&チョーク(剛)的授業とファシリテーション(柔)的授業は、陰と陽、表裏一体。ねらいに合わせ、いいあんばい(バランス)をコントロールすることでよき学びの場を創り出せると知った。ファシリテーション的授業の中での教師の立ち位置に悩みがあったが、いい意味での“ひま”があることにより、「違う次元」の子どもの姿が“看取れて”いたのだと気がついた。教えられないという「あり方」に少しばかり気がつけた感じがある。満足感のある学びに感謝です。

    このような研修に参加すると、いつも思うのですが、技術的な部分ではなく自分自身のあり方について振り返りができます。今日はまさにそれがど真ん中でとてもよい気づきをたくさんいただきました。明日への活動にします!

    登山の例え話がとても頭に残りました。自分のパーティにあった頂を目指し、ルートを決め、様子を見て時にはあきらめる。「あきらめる」勇気をもたなくてはなと思いました。

    一日、青木さんの世界を堪能させていただきました。つい目先のゴールにどうにかたどり着かせようと奮闘してしまいます。話したり、書いたりして、自分の考えを引き出す共感(傾聴)によって、自分のよさ、方向性を認知させることにファシリテーターの意義があると思いました。今までの青年塾の講座の中で軽いけど“深い”学びでした!

    自己開示した半日でした。また、青木さんの途中で話す内容がとてもわかりやすく勉強になりました。特に最後の「天然」と「養殖」のたとえは本当に納得しました。明日からのヒントをたくさんいただきました。ありがとうございました。

    「話す」ということの大切さ、価値の大きさに気づいた3時間でした。安心して楽しく話すことにより、自分自身で気づいたり、考えが深まったりすることがあるのだなと実感しました。あらためて、話す(聴く)時間を大切にしていきたいなと感じました。ありがとうございました。

    ファシリテーションについての理解が深まりました。わたしの勝手なイメージでファシリテーションをとらえていたように思いました。質問に対する答えの中の月曜日の残念な感じを子どもたちにそのまま語る、というのが印象に残りました。保育園の先生の「ざんねん!」こうげきの話も。まだまだ奥が深い感じでしたので、もっと学びたいと思いました。

    「ファシリテーション」って知っていたようで、知らなかったことをたくさん学べたという満足感でいっぱいです。自分を見つめるよい機会にもなりました。

    ゆったり話を聴き、自分のことを考えることができました。こういうファシリテーションをしたいと思いました。そして、「ファシリテーション」についてもう一度考え、見つめ直す気持ちになりました。じっくり考えていきたいです。

    参加できて大変うれしかったです。学びたいことが学べましたし、きっかけをいただきました。これ、きいてもらったり、ソロで書いたりして、カウンセリングですかね。スッキリしました。またまぜてください。よろしくお願いします。

    ファシリテーターの本質にせまる話が聞けました。やり方とあり方、考え方。ファシリテーターの要素(聴く、待つ)。沈黙も大切。聴き手を得ればその人の問題は解決できる。これからの学校生活に生かしていきたいです。

    平成24年度東北青年塾の記録 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/1401098

    トラックバック