東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

第26回東北青年塾のご案内

2012.01.02 Monday 12:56
0
    おかげさまで定員に達しました。
    これ以後、キャンセル待ちとなります。ご了承ください。

    26東北青年塾チラシ

    お待たせしました。
    2012年、最初の東北青年塾は仙台の地に有田和正先生をお迎えします。
    テーマは『有田式「学級づくり・授業づくり」』
    今回は『今回は近著の「学級づくりの教科書」を中心に「社会科授業づくり」「教材開発」「ユーモア教育」「はてな帳」「追求の鬼」など』今までの有田実践を結びつけて話していただきます。

    また、第1部は「東北青年塾」の設立者3人(佐藤正寿、阿部隆幸、佐々木潤)の3人の社会科ミニ講座の3連発があります。この3人の共通点は、社会科という教科を自分の研究教科の軸として教員生活を過ごしてきたことです。今回、有田先生をお迎えするということで満を持して、社会科講座を持たせてもらいます。特に、今回久々に「東北青年塾」に登壇する佐藤正寿先生は昨年発行され、大好評の単行本「プロ教師直伝!「教師力」パワーアップ講座―0からプロになる秘訣23箇条」、「スペシャリスト直伝!社会科授業成功の極意」の実際などをミニ講座で展開していただけることでしょう。

    2月。
    東北、仙台は、まだまだ寒い中ですが、有田先生をお迎えする第26回東北青年塾は熱くなること必至です。
    お早めのお申し込みをお願いいたします。

    ■テーマ 有田式「学級づくり」
    ■主 催 東北青年塾
    ■日 程 2012年2月4日(土) 13:00〜17:00
    ■会 場 仙台市青葉区中央市民センター 第1会議室
    ■参加費 2500円
    ■内 容
    第1部 3連続 社会科ミニ講座(20分×3人)
    ・佐々木潤(宮城県石巻市立住吉小学校)
    ・阿部隆幸(福島県本宮市立糠沢小学校)
    ・佐藤正寿(岩手県奥州市立広瀬小学校)
    東北青年塾設立者の3人がミニ講座 を担当します。この3人の共通点は社 会科を研究教科の核として教員生活を 過ごしてきたことです。それぞれの社 会科観が色濃く映し出されるミニ講座をどうぞお楽しみください。

    第2部 有田先生講座「有田式学級づくり」
    今回は近著の「学級づくりの教科 書」を中心に「社会科授業づくり」「教材開発」「ユーモア教育」「はて
    な帳」「追求の鬼」など、今までの有田実践を結びつけて話していただきます。

    第3部 有田和正ライフヒストリー インタビュアー:佐々木潤
    有田先生はいかにして有田和正に なったのか。有田ファンの佐々木潤が わたしたちの今後の道しるべとなる回答を有田先生から引き出します。

    ■定 員 40名
    ■締 切 2月3日(金)(または定員に達し次第)
    ■申込方法 以下の必要事項をご記入の上、メールまたはFacebook(の参加ボタンをポチッと押して)にてお申し込みください。
          iabetaka@yahoo.co.jp(東北青年塾代表:阿部隆幸)
          参加費・懇親会費は当日、受付でお支払いください。
    ・名前
    ・勤務先
    ・メールアドレス
    ・懇親会参加の有無(参加費4000円程度)

    イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/1401071

    トラックバック