東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

「第23回東北青年塾」のふり返り

2011.08.28 Sunday 18:36
0
    IMG_2573

    2011年8月27日(土) 13:00〜17:00
    仙台市民会館 第2会議室
    講師は横山浩之先生(山形大学医学部)
    30名の参加者が集まり、ペアレントトレーニングについて学びました。

    ペアレントトレーニングとは、名前からわかるように、基本的にADHDの子どもたち中心にどのように対応していいかわからない親さんむけに対応できるような考え方、技術です。
    本もいくつかでています。

    横山先生のすごいところは、これを教員が使えるように、学校の授業で使えるように、提案していこうとしているところです。横山先生は、「先生」と書いていますが、医者です。学校の教員ではありません。しかし、ご自分で考えた理論を実証する意味も込めて、まぁ、話すよりもやって見せた方が早いでしょうという考えの下、各学校で授業をされています。
    そんないろんな話、理論、実際の授業等々、学びの多い半日でした。
    参加された皆さん、ありがとうございます。


    このエントリから、それぞれの場面、様子へジャンプしてご覧いただけます。
    どうぞご覧ください。

    「第23回東北青年塾 記録」目次


    1. 第1部 事例検討会
    2. 第2部 横山浩之講座「ペアレントトレーニングを駆使した授業」
    3. 第3部 ライフヒストリー・インタビュー「横山浩之先生はいかにして今の横山浩之先生になったのか」

    4. 参加者アンケート




    第23回東北青年塾の記録 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/1401057

    トラックバック