東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

参加者アンケートから第22回東北青年塾をふり返る

2011.06.05 Sunday 20:23
0
    アンケートから第22回東北青年塾をふり返ってみます。
    東日本大震災後、初の開催。4ヶ月ぶり。
    参加者がそれぞれの思いを胸に集まってきたのにちがいありません。

    講師に杉渕鐵良先生。
    巡り合わせと言いますでしょうか。
    復興に向けて、勇気と元氣を共有するのに、これ以上の方はないという方に講師に来ていただきました。
    自由記述のアンケートをお読みいただければおわかりの通り、参加者全員が、大満足の半日でした。
    40名を越える参加者。
    わたし自身、すっごく興奮した半日でした。
    (東北青年塾代表:阿部)

    1 「第22回東北青年塾」の内容について



    22naiyou

    グラフを見ておわかりのとおり、誰もが満足の内容でした。
    杉渕先生の講座は当然ながら、第一部の東北青年塾生のミニ講座、模擬授業の内容もどこで見ていただいても胸がはれるすてきな内容だったと思います。


    2 「第22回東北青年塾」の方法について



    22houhou

    方法、つまり、進め方です。
    こちらの責任は運営側にあります。
    内容が良かったからでしょうか。
    みなさん、満足していただけたようでうれしく思います。

    3 「第22回東北青年塾」参加者の声



    いつものように、参加者の自由記述アンケートを以下の通りにまとめました。事務局に提出していただいた全アンケートです。お読みいただいて、当日の様子を想像してみてください。 こちらで、参加者みなさんと(もちろん、参加されなかった方も)ふり返りができると幸いです。

    • "震災後、初の東北青年塾。東北人として教員として元気をいただきました。杉渕先生の「教員ができること」をやりましょう、というメッセージ。とてもうれしかったです。今後も自分ができることを精一杯やっていきたいと思います。
    • 「ミニ講座&模擬授業」を提供してくださった武田さん、中嶋さん、それぞれの切り口での楽しい学びの場をつくっていただき、ありがとうございました。
    • 杉渕先生は若いときから自分の教育の哲学をしっかりと追究していたことがライフヒストリーからわかりました。自分のフィルターを通して、自分のものにするという言葉がありました。いろいろな実践を見て、早く自分のフィルターを作っていきたい、そう思いました。
    • 武田さんのユニット学習、特に表現読みを絵本を使って行う点、参考になりました。そういったネタ、また教えてください。
    • 中嶋さんの歴人クイズ。実際にやってみると奥が深く、学習内容や協力等、様々な要素を学ぶことができると思いました。お二人とも指示や進め方、テンポがよくすばらしかったです。
    • 杉渕先生の講座を受け、元氣をいただきました。ご自分の学級の子どもさんの事実を示しながらの具体的なお話、特に、子どもが開放されているかといった点を大切にされていることが心にビンビン伝わってきました。先生の“コワイ”というイメージが実は間違いであったことが実感できました。ありがとうございました。
    • 阿部さんのインタビュー、さすがでした。杉渕先生の心の中をのぞかせていただいた感じがしました。
    • 杉渕先生の話とテンポがとても心地よかった。実際に話を聞くとおもしろい話がどんどん挟み込まれていて飽きない。子どもたちもそれに引き込まれていくのだろうと思った。
    • 2年ぶりに東北青年塾に戻ってきました。ここに来るとがんばっていこうという気持ちになります。また、今度は今日学んだことをやってみようという新たな引き出しを見つけて帰れる気がします。今回の武田さん、中嶋さん、杉渕先生に共通することは“集中”なのかなと感じました。子どもが授業にのってこないのは教師が子どもに集中させる場面、手立てを与えていないのではないかと思いました。わたし自身も学級でかけ算九九やはしの豆つかみなどをして集中力を高めることをしていますが、体や声で集中させることもしたいと思います。
    • ミニ講座と杉渕先生のお話とでどっぷりと授業づくりについて勉強することができました。震災後、初でしたがやってよかったですね。ありがとうございました。
    • 杉渕先生の世界に完全にひきこまれてしまいました。やけどしない程度に実践してみます。
    • 武田さんの実践、教室で応用できそうなことばかりです。高学年バージョンでやってみたいです。
    • 中嶋さんの歴人クイズ。さっそくやってみます。協力してできるのがよいですね。本当に。子どもたちとやってみるのが楽しみです。
    • ミニ講座、模擬授業。とても勉強になりました。月曜日からすぐ取り入れられる部分もあると感じます。
    • 杉渕先生の講座、本当に楽しみにしていました。楽しみにしていた以上の元気をもらいました。杉渕先生にはなれませんが、自分の教師としての技術や人間性、もっともっとみがきたいです。当たり前のことを丁寧に・・・全ての子どもとかかわる・・・。とても心に残りました。
    • 大変、中味が濃くぜひまた参加したいです。幼稚園の先生の実践を聴ける機会はなかったのでとても新鮮だった。小学校教育にも生かせる“ワザ”がたくさんあり、引き出しを増やさせていただきました。
    • 中嶋先生の「歴人クイズ」は6年生を担任した際にぜひ実践したいと思う、子どもが前のめりになって学ぶ姿を想像することができ、自分自身も体験でき有意義であった。
    • 杉渕先生の生の話には大変感銘を受けた。子どもが解放されている姿を見ることができただけでなく、その裏にある杉渕先生の熱いハートを感じることができ、とても刺激をもらった。全国にはこんなに素敵な熱い先輩がいるんだとうれしくなった。勇気をもらった。東北から全国へ!東北でがんばっている熱い先生たちが集い、学び合っている会に、感動しました。
    • 武田さん。良いテンポと表現の多様さに感心しました。視線がもっと広がるといいと思いました。
    • 中嶋さん。素晴らし教科構成力だなと思いました。着想のよさ、応用のききそうな学びの型。。。感服しました。
    • 杉渕さん。実践についてはある程度知っているつもりだが、生の声で聴くことで理解が深まることを痛感しました。
    • 杉渕節を堪能いたしました。漢字指導一つをとっても、いろいろとアレンジし子ども自らが学ぶようにもっていくとよいのですね。まさに楽習です。さっそく月曜日から実践できる部分はしたいと思います。
    • 武田先生、中嶋先生ともに非常におもしろく参考になりました。よいネタを教えてもらいました。
    • 久々に杉渕先生ワールドにじっくり浸らせていただきました。子どもたちからも杉渕先生からも伝わってくる全力感、スピード感、いつもながら感心させられます。「表のねらい、裏のねらい、両方ないと薄っぺらになる」今日、一番心に残った言葉です。
    • ミニ講座&模擬授業について。どちらの授業も今後実践にすぐ生かせそうな部分があって勉強になりました。武田先生が紹介されていた本も購入しようと思いました。
    • 杉渕先生の講座。杉渕先生の本を読んでいたので、「こんな授業かな」とイメージしていたものがあったのですが、動画はその何倍もすごくて圧倒されました。「解放される」というキーワードが印象的でした。とても人間味あふれていて魅力的な方だなぁと思いました。実践に生かしていきたいと思います。来て良かったと心から思いました。ありがとうございました。
    • 武田さん。「幼稚園の先生から学ぼう!」そんな気持ちを改めて強く思いました。「幼・保・小の連携」のヒントをいただきました。
    • 中嶋さん。うーん、おもしろい「歴人クイズ」国語科や他の活動のバージョンも考えていける「基本形」として学ばさせてもらいました。
    • 杉渕さん。「短時間でも変化ある反復を多回数繰り返すことによって軌跡を生む」それを子どもの実際のすがたと杉渕先生自身のことばで聞くことができたことに感謝します。「魔法のワザ」ももちろんすばらしいと思いましたが、そのワザを生み出す先生の授業観、子ども観に触れることができたことが一番のうれしさでした。ライフヒストリー・インタビューもとてもよかったです。
    • 杉渕学級の映像を見せていただくことができ、大変満足しました。あそこまで鍛えていかれる杉渕先生のパワーを今日はいただくことができました。見よう見まねでわたしもあいさつリレー、返事リレーをやっていますが、テンポ感がまだまだということに気づきました。来週からさらに実践を積み重ねて行きたいと思います。
    • 帰ってすぐ使えるやってみれることがたくさんあって参考になりました。杉渕先生からはエネルギーと勇気をいただきました。「子どもを伸ばしたい!」わたしもこの気持ちを生涯、忘れず勉強していきます。
    • 武田先生。演出がすばらしかったです。やはりいろいろなバリエーションをもっていると強いと思いました。楽しくコミュニケーション力を育み、人間関係を深めていくことができると思いました。
    • 中嶋さんの実践、超ヒットです。他教科にも生かして必ず実践したいと思いました。
    • 杉渕先生の子どもたち、圧倒されました。表現力、リズム感、子どもたちがとても気持ちよさそうでした。音読に歌が入っているのがとってもよかったです。子どもに「愛されていることを自覚させる」このことをずっと大事にしていきたいと思いました。漢字一覧表の有効な使い方や音読の様々なバリエーションなど、大変勉強になりました。
    • どの講座ももりだくさん。おなかいっぱいという感じです。衝撃の4時間でした。様々な実践に触れ、それらを自分なりにどうやってみようかと考えるとわくわくしてきました。講師の先生方、本当にありがとうございました。
      杉渕先生の講座はまさに驚きの連続でした。どうやったらあんなクラスになってしまうんだろう?!と不思議に思いました。あのテンポよい先生のかけ合いがまた楽しくとてもひきこまれました。その秘密が最後の講座でちょっとわかりました。“自分らしく”というご自分のスタイルをしっかりと確立させている杉渕先生、すごい!!!と思いました。わたしはわたしのスタイルで大好きな教員を楽しく続けていきたいと思います。たくさんのエネルギーをいただきました。本当にありがとうございました。
    • 学習を楽習にするための手立てを楽しく学ぶことができました。「子どもを解放すること」いきいきした表情に導くために、取り組んでいきたいと思います。子どもが夢中になれるような授業、教師としての言語能力を磨かなければならないことを実感しました。
    • 今回、初めて青年塾に参加させていただきました。どのお話も新しく学ぶことばかりで、驚くと共に大変勉強になりました。リズムとテンポのよい講座のため、時間が短く感じました。
    • 初めて参加したのに、気がつくと、自分でも驚くほど夢中になっていました。わたし自身の考え方がかたいので、子どもたちが解放されないのだろうと思いました。頭をやわらかくして、ひとりひとりともっともっとかかわっていこうと思います。ありがとうございました。
    • 武田さんの講座を受けていて、どきどきしていたのに、いつの間にか大きな声を出していました。先生の表情が素敵でした。
    • 中嶋さんの講座を受けて、指示がわかりやすいと思いました。6年担任になったらぜひやらせたいと思います。
    • 武田さんからは、子どもの目と耳を集めるテクニックをいただきました。いつの間にか大切なことをしなくなっていた自分に気づかされました。中嶋さんもおもしろかったです。
    • 杉渕さんの実践は初めて見ました。読んだり、聞いたりしたことはありましたが、本物はすごかった!マネできないけど、学ぶことは多かったです。杉渕さんの本当にねらっていることを見ぬいてからやっていることをマネしないと危ないので気をつけてマネしようと思いました。
    • 大変有意義な時間を過ごさせていただきました。武田先生のユニット授業では、字がまだ読めない1年生にはこんな本を読めば楽しみながら声を出したり、体を動かしたりできるんだなと思いました。中嶋先生の歴人クイズでは、さっそく自分の学級でやってみたいと思いました。もう少し、歴史上の人物を学習したらやりたいと思います。
    • 杉渕先生の学級はすごかったです。あれだけ大きな声で一人一人が生き生きと学習している姿は学級を活性化させるなと思いました。自分の学級の子どもを解放できるように日々模索していきたいと改めて感じました。
    • 杉渕先生に会いたくて、氣をいただきたくて、参加しました。もんのすごくよかったです。学校公開のVTR、懐かしかったです。観ていたら参観に行っていた自分が映ったのであせりました。あの6年生の子たち、そして、学校公開の雰囲気の驚き、こんな学校をつくりたいと思ったのを思い出しました。
    • 前半のミニ講座と模擬授業、おもしろかったです。特にユニットで授業を組むというのは取り入れてみたいなと思いました。歴人クイズも社会だけでなく、他の教科でも鳥れられそうな気がしました。工夫してみたいと思います。
    • 杉渕先生の本を今までもたくさん読んでいたのですが、今日の講座でより具体的にイメージできるようになりました。特に表現読みに関することが具体的にわかりました。気さくな杉渕先生のトークがおもしろくて楽しく勉強できました。
    • 幼稚園の先生方の方が、子どもをひきつける力、技がないとできないと実感しました。小学校の指導でも活用していきたいと思います。
    • 歴人クイズは今、6年生を担任しているので明日からでもやってみたいと思います。
    • 子どもの可能性を伸ばすために様々な手立てを考え、様々な間口からアプローチをしていることがわかった。全てをマネすることはできないが、取り入れていきたい。子どもを開放するというキーワードをもとに自分ができることを考え、実践していきたい。
    • 武田先生の内容は、小学校も(特に低学年か)ではすぐにできる。とても良いものだと思いました。まめうしくんの本も手に入れたいと思いました。
    • 中嶋先生のクイズは「全員の活動」「協力」という裏のねらいがよく考えられたすばらしい実践だと思います。とてもタメになりました。何よりすごく楽しめました。
    • 杉渕先生のお話は、スピード、リズム、テンポがよく、時間が短いくらいで、まだまだ聞きたいと思いました。教科書の教材も教師の問いによってイメージを膨らませ、とても楽しんで学べるということがわかりました。わたしも「楽習」にできるように今後、研究や実践を重ねていきたいです。
    • 杉渕学級の子どもたちの様子を見て、驚きました。子どもの無限の可能性を感じました。子どもの可能性に限界はないと思います。自分の実践に全てを取り入れることは難しいとは思いますが、できるところからやっていこうと思っています。ありがとうございました。
    • 武田さん、中嶋さんのミニ講座・模擬授業、大変興味深かったです。何をねらって活動するのかということをしっかりおさえておくことが大切だと思いました。
    • 杉渕先生のお話と子どもの姿はとにかくものすごい衝撃的で驚きました。今回、教えていただいたことを自分の中でもう一度考え、自分のスタイルとしていきたいと思いました。
    • 武田先生。中嶋先生の模擬授業、すぐにやってみたいと思えるすばらしいものでした。お話をされている二人の視線の先に子どもたちが見えているのだなと感じました。
    • 杉渕先生のお話、刺激的でした。日々をこなすことに費やしていてはダメだなと感じました。自分の中でかみくだいて吸収させていただきます。「例年通り」という言葉があまり好きではありません。いつも、子ども基準で考えられる教師でありたいです。
    • 高段者の模擬授業を体験でき、いろいろなお話を聞かせていただき、大変勉強になりました。普段職場で「学び合い」をすることはめったになく、一人で自宅で本を読み勉強している日々です。ですから、こうやってお話ができたり、一生懸命勉強し、実践されている先生方と時間を共にできることは大変良い刺激になります。子どもを解放できる教師になれるよう、これからも修業を続けたいと、気持ちを新たにしました。
    • ミニ講座、模擬授業、とても勉強になりました。月曜日からすぐ取り入れられる部分もあると感じます。本当にありがとうございました。
    • 杉渕先生の講座、本当に楽しみにしていました。楽しみにしていた以上の元気をもらいました。杉渕先生にはなれませんが、自分の教師としての技術や人間性、もっともっとみがきたいです。当たり前のことを丁寧に・・・全ての子どもとかかわる。とても心に残りました。ありがとうございます。






    「第21回東北青年塾 記録」目次


    1. 第1部 東北青年塾生模擬授業&ミニ講座
      1. 第2部 杉渕鐵良先生講座「『子ども集団を動かす魔法のワザ」の実際』」
      2. 第3部 杉渕鐵良先生ライフヒストリー・インタビュー(インタビュアー:阿部隆幸)



      第22回東北青年塾の記録 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

      コメント

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/1401051

      トラックバック

      大震災後

      大震災後についての情報を紹介しています。今話題になっている大震災後の関連の情報も紹介しています。この大震災後の情報があなたにとってお役に立てることができればうれしく思 ...
      | ニュースあれこれ | 2011/06/05 9:14 PM |