東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

物語絵の指導の秘訣(「おじいさんのランプ」)@感想記録

2010.08.30 Monday 21:47
0

    ☆模擬授業の流れ☆


    1. 読み聞かせ(おじいさんとランプのお話)
       秋澤さんのアナウンサーのように上手な読み聞かせでした。
          ↓
    2. 実物の提示(ランプ,わらじ,かすりの着物)
          ↓
    3. 活動の説明
      1. 約13cm×約19cmの和紙に描くこと。
      2. 4人1グループで一つの作品を仕上げる(一人1枚ずつかき,それを組み合わせる。つまり一つの作品は作者の異なる4枚を組み合わせてできる)。
      3. 和紙はよく色がにじんできれいになることを説明する

      物語絵2
         ↓
    4. 絵を描く
        グループ毎にどんな絵を描くのか,どのような構図・色遣いにするのか,誰がどこを描くのかを相談してから各々描き始める。
      物語絵1
      物語絵3

          ↓
    5. 野口先生が授業を行った際の児童の作品の紹介


    以上の流れで模擬授業が行われた。指導の秘訣は1〜4の授業形式の場面よりも,5やその後のQ&Aで多く語られた。

    ☆物語絵の指導のポイント☆


    「教師の模範の絵を見てしまったら,子供の発想は教師の絵に似たものを描こうというものになる」というお話をされていた。野口先生は「絵はその子どもたちの思いが表れるように自由に描かせる」ことをとても大切にしていた。ただし,自由=指導をしないということではなかった。お話の中で一人一人の発想を大切にし,それを自由に描かせるための方法をいくつもあげていた。私なりの視点で4つの指導のポイントに絞って紹介したい。

    1. 発達段階に合わせて物語を選ぶこと
       例えば,低学年では,家の壁を通り越して食事の風景が見えるというような,物を透かして描くレントゲン描法をする発達段階にある。野口先生は子供の発達段階を考慮し,写実的に描く作品よりも,レントゲン描法を生かすことができる「おむすびころりん」を題材に選んでいた。見せていただいた作品は,土を透かして,穴の中のねずみの生活をいきいきと描いた作品だった。

    2. どの紙にどの作品を描かせるのか吟味をすること
      教師が指導したい内容を吟味し,紙に合った題材を選んだり,題材に合わせて紙を準備したりする必要がある。今回はにじみを表すために和紙が選ばれた。さらに,和紙のにじみを生かすためにランプが登場する話を選んだ。

    3. 子供がどういうステップを踏めば困らないかよく考え,授業を構成すること
      教師は子供が自由に発想できるように,絵を描かせる前に様々な仕掛けをする必要がある。例えば,今回の模擬授業で読み聞かせした話のクライマックスには無数のランプで灯された木が出てくる。
      1. 明かりの灯る木をイメージさせるために,自前に,『もちもちの木』を読み聞かせしておく
      2. 木をイメージさせるために,実際に木に触れる機会を設けておく
      3. イメージが湧くような実物を準備しておくというように実に綿密に手立てが考えられている。「自由に描く」子供が困らないようにさせる細かい配慮がお話の中で何度も聞くことができた。



    4. 自由に描かせるためには,普段の学級の雰囲気を大切にすること
      自由に描くためには子供の心が解放されていなければならず,子供の心が解放されるためには日頃の学級の雰囲気が大切だということだった。自由に描いていいといいながらも,担任が事細かに口出しをしていては子供は自由に描くことができない。学級経営のスペシャリストらしい考え方だと感じた。


    ☆全体の感想☆


    相手の表情をよく見ながらユーモアたっぷりにお話される野口先生。今回も野口先生の人柄にたっぷりと触れることができた。「言われた方がどう感じるのかを考えて指導をすること。相手の心に響いてはじめて指導になる」という言葉がとても心に残っている。子供を中心に据えて,教師の言葉を真摯に考える姿勢に大変感銘を受けた。

    物語絵4a


    物語絵5

    物語絵6

    物語絵7

    物語絵9

    (文責:東北青年塾「武田」)





    「第18回東北青年塾 記録」目次

    1. 第一部 東北青年塾生模擬授業

    2. 第二部 野口晃男先生 『子どもの心を育てる造形教育』講座
      1. 造形遊びで楽しもう(新聞紙を使って)
      2. 物語絵の指導の秘訣(「おじいさんのランプ」)
      3. 児童画の見方のここがポイント

    3. 参加者感想




    第18回東北青年塾の記録 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    | louboutin shoes | 2018/04/21 4:27 PM |

    コメントする










    この記事のトラックバックURL

    http://seinenjuku.abetaka.jp/trackback/1385972

    トラックバック