東北青年塾

東北から発信!よどんだ空気が変わる!明日の授業を楽しく知的なものに!


東北青年塾情報をツイッターで。ハッシュタグは「 #thsj
【第1回東北青年塾の記録】【第2回東北青年塾の記録】【第3回東北青年塾の記録】
【第4回東北青年塾の記録】【第5回東北青年塾の記録】【第6回東北青年塾の記録】
【第7回東北青年塾の記録】【第8回東北青年塾の記録】【授業づくりネットワーク東北2009Winterの記録】
2009年度東北青年塾の予定
【第10回東北青年塾の記録】【第11回東北青年塾の記録】【第12回東北青年塾の記録】
【第13回東北青年塾の記録】【第14回東北青年塾の記録】【第15回東北青年塾の記録】
2010年度東北青年塾の予定
【第16回東北青年塾の記録】【第17回東北青年塾の記録】【第18回東北青年塾の記録】
【第19回東北青年塾の記録】【第21回東北青年塾の記録】
2011年度(平成23年度)東北青年塾の予定
【第22回東北青年塾の記録】【第23回東北青年塾の記録】【第24回東北青年塾の記録】
【第25回東北青年塾の記録】【第26回東北青年塾の記録】
2012年度(平成24年度)東北青年塾の予定2012年度(平成24年度)東北青年塾の記録
2013年度(平成25年度)東北青年塾の予定2013年度(平成25年度)東北青年塾の記録
2014年度(平成26年度)東北青年塾の予定2014年度(平成26年度)東北青年塾の記録

第44回東北青年塾【「頭ほぐし」の学習22の体験祭り!!】のご案内

2015.02.22 Sunday 18:31
0


    東北青年塾書籍出版連動企画を行います!!
    昨年末に東北青年塾が出版した『はじめの5分で頭の準備体操を!「頭ほぐし」の学習ベスト50』(学事出版)を実際に体験していただける4時間です。
    ここに執筆した11名が講師として参集します。
    1人2ネタ。合計22ネタを体験していただけます。

    テーマが「『頭ほぐし学習』読んでから体験するか?体験してから読むか?」

    これほど、生々しい講座を開けるのは、文字通り、執筆者全員が親密な関係にある「東北青年塾」ならではです。共同執筆の本は数々あれど、こうして執筆者が一度に同じ場所に集まれるというのが東北青年塾の強みです。

    ぜひ、みなさん、授業開始5分間で行える「頭ほぐし学習」をご体験ください。そして、「頭ほぐし学習」を日常的に行い、全国に「頭ほぐし学習」を広げていきましょう。


    テーマ:授業開始5分で行える「頭ほぐし学習」。読んでから体験するか?体験してから読むか?




    ■日時 平成27年3月28日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
    ■場所 日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター) 研修室2(地図
    ■定員 50名
    ■会費 1000円
    ■講師 『「頭ほぐし」の学習ベスト50』(学事出版)執筆者12名
        阿部隆幸、岩渕恭子、尾形英亮、小川まりも、菊池真人、國井あつ子
        西塔枝里、佐々木潤、鈴木優太、武田直樹、中嶋卓朗、増川修一
        (五十音順)

    ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

    ■内容
    1 「頭ほぐし」の学習とは?
    2 「頭ほぐし」学習体験 22連発!
    3 「頭ほぐし」学習体験のふり返り

    ■懇親会
    仙台駅近くの居酒屋で会費4000円前後で開催いたします。
    イベント案内 | - | - | - | - |

    第43回東北青年塾【多賀一郎講座「授業をさまざまな角度から掘り下げよう」】のご案内

    2014.12.13 Saturday 09:58
    0


      平成26年度5回目の東北青年塾のお知らせです。
      東北青年塾に初登場、なかなか東北の地でお目にかかることのできない多賀一郎先生が仙台に来られます。

      多賀先生と言えば、国語教育の第一人者として、有名ですが、「親塾」を開催し保護者への心配り、そして、ヒドゥンカリキュラムの著書があるように学級づくりに関してもプロフェッショナルです。
      下のプログラムでもおわかりの通り、半日で多岐にわたるお話をいただけそうです。とても楽しみです。
      この機会をお見逃しなく!!

      テーマ「授業をさまざまな角度から掘り下げよう」



      ■日時 平成27年2月7日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
      ■場所 青葉区中央市民センター/第2会議室(地図
      ■定員 45名
      ■会費 社会人3000円/学生2000円
      ■講師 多賀一郎
       神戸大学付属住吉小学校を経て私立小学校に長年勤務。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。現在、追手門学院小学校講師。専門は国語教育。親塾を神戸と大阪で主催して、保護者教育に力を注いでいる。また、教師塾やセミナー等で、教師が育つ手助けをしている。絵本を通して心を育てることもライフワークとして、各地で絵本を読む活動もしている。
       『はじめての学級担任4 1から学べる!成功する授業づくり』 『小学校国語科授業アシスト これであなたもマイスター!国語発問づくり10のルール』『ヒドゥンカリキュラム入門―学級崩壊を防ぐ見えない教育力―』(明治図書)『子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』『全員を聞く子どもにする教室の作り方』『今どきのこどもはこう受け止めるんやで』(黎明書房)など、著書多数。
       ブログ「多賀マークの教室日記」も好評。
      明治図書 教育Zineより引用抜粋


      ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

      ■内容
      第1講座 授業におけるヒドゥンカリキュラム
      第2講座 国語教育で大切なこと
      第3講座 模擬授業を通して授業を考える
      Q&A

      イベント案内 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

      【変更】第42回東北青年塾【『学び合い』座談会】のご案内

      2014.11.30 Sunday 09:39
      0


        予定していた甲斐崎博史さんを講師として迎える予定だった「第42回東北青年塾」ですが、諸事情により、内容が変更となります。以下の通りに変更となりました。
        すでに、参加者は確定していますが、お近くの方で『学び合い』に興味のある方で、どうしても参加してみたいという方がいらっしゃれば、あと1,2名受け入れも可能です。
        ただし、急に決まった(考えた)内容ですので、若干、内輪向けの、そして、ダラダラな進行をします。
        というか、今回は意図的にダラダラと行います(笑)。
        それを承知で参加してみたいという奇特な方がいらしたら、どうぞ阿部隆幸までメールをください。
        メールアドレスは以下です。

        この日、東北青年塾の忘年会も兼ねています。青年塾生は宿泊します。他の方は日中だけの参加となります。ご了承ください。

        iabetaka☆yahoo.co.jp(☆を@に置き換えてください)


        ■日時 平成26年12月6日(土) 13:00〜17:30 (受付開始12:30)
        ■場所 秋保温泉 蘭亭
        ■定員 20名
        ■会費 1000円
        ■講師 阿部隆幸・菊池真人
        ■内容
        1 阿部が日頃考えたり、実施したりしている『学び合い』について

        2 阿部隆幸・菊池真人対談
        阿部学級に1日参観してきた菊池真人さんと対話対談。

        3 対談を見ての質疑応答
        阿部と菊池の対談を聞いて、意見や質問を言い合う

        4 『学び合い』をどう考える?
        『学び合い』についての考えを意見交換する。

        イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        第42回東北青年塾【「Adventure In The Classroom」 〜アドベンチャーを、教室の中にどのように取り入れるか〜】のご案内

        2014.10.30 Thursday 17:50
        0


          お知らせが、遅くなりました。
          第42回東北青年塾のお知らせです。
          ただし、参加意欲の高い方々に残念なお知らせです。
          すでに、事前段階で、定員に達しております。
          (定員が少なく、東北青年塾生の参加を最優先したために、このような結果になりました)
          今回は、記録とお知らせということで、ここに記しておきます。

          * ちなみに、例年通り、この日は東北青年塾の忘年会を兼ねており、東北青年塾生と講師の方は、蘭亭に宿泊。懇親を深めます\(^o^)/。

          ■日時 平成26年12月6日(土) 10:00〜17:30 (受付開始9:30)
          ■場所 秋保温泉 蘭亭
          ■定員 24名
          ■会費 社会人3000円/学生2000円
          ■講師 甲斐崎博史
          ■内容
          1 PA(プロジェクトアドベンチャー)とは!(120分)
           PAの概要や理論的な部分を、アクティビティを交えながらレクチャーしていただきます。PAを詳しく知らない方でも大丈夫です!

          2 PAを普段のクラスでこう使う!(270分)
           クラスの中にどうやってPAを取り入れているかについてお話しいただきます。学級経営、特別活動、そして行き着くところは教科教育…ここへ、どのようにPAを入れ込んでいるか。いえ,PAに変化させているかについて体験を交えて学びます。

          イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          第41回東北青年塾【ALL赤坂真二講座 「赤坂真二が今、我々教師に伝えたいこと〜今、本当に子ども、そして教師に必要な「学力」〜」】のご案内

          2014.08.15 Friday 17:07
          0


            平成26年度、第3回目の東北青年塾のご案内です。
            いよいよ赤坂真二先生の登場です。
            赤坂先生は、2009年2月14日開催、第8回東北青年塾以来、久々のご登場。
            (参照「赤坂真二講座「学級をつくるということ」講座感想記録 | 東北青年塾」)

            ご存じかもしれませんが、東北青年塾は複数回お招きする講師は珍しいのです(皆無ではありません)。今回、新しく東北青年塾生も増え、改めて、今年度お招きしたい講師を東北青年塾生にアンケートをとったところ、ぜひにお願いしたいという声が多数でした。
            2009年当時もお忙しい方だったのですが、今はそれ以上の忙しさ。お声かけしても、断られるのでは無いかと思ったのですが「東北には是非行きたい」とお返事をいただきました。
            あと、いつお招きできるか分かりません。
            会場の関係上、参加者は45名に絞らせていただきます。
            ぜひ、お早めのお申し込みを!

            テーマ:ALL赤坂真二講座 「赤坂真二が今、我々教師に伝えたいこと〜今、本当に子ども、そして教師に必要な「学力」〜」



            ■日時 平成26年10月4日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
            ■場所 仙台市市民会館/第5会議室(地図
            ■定員 45名
            ■会費 社会人3000円/学生2000円
            ■講師 赤坂真二(上越教育大学准教授)
            新潟県内の公立小学校に19年間勤務。2008年4月より本学に着任。
             小学校教員の頃より、子どもの欲を高める学級づくり、授業づくりについて全国各地のセミナーで発信してきた。現在も、教員養成にかかわる一方で研修会やPTAの学習会で講演を行う。
             単著書「小学校高学年女子の指導困ったときの処方菱」(2005)、「友だちを「傷つけない言葉」の指導 温かい言葉かけの授業と学級づくり」(2008)(以上、学陽書房)、「“荒れ”への「予防」と「治療」のコツ 学級づくりの基礎・基本」(2008)(日本標準)、「小学生の問題行動こうすれば大丈夫 朝の会から放課後まで」(2008)(学事出版)、「自立論 子どものやる気を引き出す親になる」(2009)(新潟日報事業社)、「先生のためのアドラー心理学勇気づけの学級づくり」(2009)、「教室に安心感をつくる 勇気づけの学級づくり2」(2010)(以上、ほんの森出版)、「「気になる子」のいるクラスがまとまる方法」(2010)(学陽書房)、「スペシャリスト直伝 学級成功の極意」(2011)(明治図書)、「ほめる叱る 教師の考え方と技術」(2013)(ほんの森出版)、「スペシャリスト直伝 学級を最高のチームにする極意」(2012)(明治図書)他
            上越教育大学HPより抜粋紹介


            ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

            ■内容
            1「今、本当に子ども、そして教師に必要な「学力」その1」(75分)
            2「今、本当に子ども、そして教師に必要な「学力」その2」(80分)
            3 対話型Q&A (50分)
             対話者:佐々木潤
            イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            第40回東北青年塾【子どもの力を伸ばす学習指導 ALL福山憲市講座】のご案内

            2014.04.06 Sunday 21:01
            0


              平成26年度、第2回目の東北青年塾のご案内です。
              東北の地から遠く離れた、山口県からあの福山憲市さんをお迎えします。
              たくさんの内容をお持ちですが、その中から、今回は「平均点99点を超える算数指導の秘訣」「2mの山になる自学自習の秘訣」をお話しいただけます。これぞ、福山憲市さん!という話をお伺いできるものと楽しみにしています。
              みなさんも、どうぞぜひいらしてください。


              テーマ:子どもの力を伸ばす学習指導 ALL福山憲市講座



              ■日時 平成26年6月14日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
              ■場所 戦災復興記念館/第2会議室(地図
              ■定員 50名
              ■会費 社会人3000円/学生2000円
              ■講師 福山憲市(山口県小学校教諭)
               ミスを活かす子どもを育てる研究会・学び集団「ふくの会」・授業教材開発研究所下関支部などを主宰。『自学ノートの指導技術』『資料提示の技術』『一人ひとりを見つめる子ども研究法』『ひとり学びを鍛える面白ドリルワーク』(明治図書)など多数出版。『授業研究』『理科教育』『社会科教育』『分析批評の授業』『楽しい体育の授業』など、多くの雑誌に連載。学研の通信教育問題作成などにも10年かかわる。
               最新刊は、2014年4月10日発刊。「スペシャリスト直伝! 学級づくり“仕掛け"の極意 ―成功に導くキラー視点48」(明治図書)




              ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

              ■内容
              平均点が99点を超える算数指導の秘訣!(110分)
              〜再現授業とキラー視点〜 

              1年で2mの山になる自学自習の秘訣!(100分)
              〜子ども目線で自学体験〜

              Q&A(20分)

              イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              第39回東北青年塾のご案内

              2014.01.04 Saturday 10:25
              0
                IMG_8530

                平成26年度の1発目。
                第39回東北青年塾のお知らせです。
                今年度は、全国の著名な先生方をお招きして今後の学校教育で必要とされる技術、考え方等を1年間貪欲に学ぶように計画した「東北青年塾」です。

                その第1回目の講師は、堀裕嗣先生です。 

                堀裕嗣先生といえば、その著書を読んでいただければおわかりの通り、授業、学級経営、生徒指導、子どもとの接し方、職員室での振る舞い方、学校教育の構造、などなど教育の造詣の深さは多岐にわたります。
                お招きした月日は、3月29日。年度初めということで、「学級びらき」をキーワードに「生徒指導」「学級経営」を中心に講座を開いていただこうと考えています。
                下のプログラムを見ていただいてもおわかりの通り、前半は東北青年塾生「若手」「中堅」「ベテラン」の「学級びらき」の提案もあります。ぜひご一緒に平成26年度、最幸のスタートをきりましょう!


                [テーマ:THE学級びらき〜堀裕嗣と考える平成26年度最幸のスタート〜]


                ■日時 平成26年3月29日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
                ■場所 戦災復興記念館/4階第1会議室(地図
                ■定員 50名
                ■会費 社会人3000円/学生2000円
                ■講師 堀裕嗣(北海道札幌・中学校教師)
                著書に『コミュニケーション能力って何?−学級の空気を更新する生徒指導−』『学級経営10の原理・100の原則』『生徒指導10の原理・100の原則』『教室ファシリテーション10のアイテム・100のステップ』(以上学事出版)。『教師力トレーニング・若手編−毎日の仕事を劇的に変える31の力』『スペシャリスト直伝!教師力アップ 成功の極意』『教師力ピラミッド〜毎日の仕事を劇的に変える40の鉄則』『必ず成功する「学級開き」魔法の90日間システム』(明治図書)など多数。中学校学級経営セミナー全国縦断展開中。


                ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

                ■内容
                【提案】(各15分)
                「若手実践家の学級びらき2014」  鈴木優太
                「中堅実践家の学級びらき2014」  國井あつ子
                「ベテラン実践家の学級びらき2014」岩渕恭子
                〇提案を受けて           堀裕嗣

                【講座1】堀裕嗣「THE学級びらき〜子供とつながる生徒指導〜」(60分)

                【講座2】堀裕嗣「THE学級びらき〜子供がつながる学級経営〜」(60分)

                【対話型Q&A】堀裕嗣×佐々木潤(30分)

                イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                平成26年度東北青年塾の予定

                2014.01.01 Wednesday 09:28
                0
                  平成26年度の東北青年塾の予定をお知らせします。

                  昨年は、前半は「協同学習」「ホワイトボード・ミーティング」「アドラー心理学」と子どもたち主体の考え方、活動、手法を学び、後半は東北青年塾生が講師となっての互いの学び合いを行いました。

                  今年は、東北青年塾生に若手が増え、参加者も従来の東北青年塾への参加者に加え、新しい方の参加が増えているということから数年前の東北青年塾に戻します。
                  つまり、学校教育界で著名な方をお招きし、授業づくりや学級づくりの考え方や技術についてしっかり学んでみようということです。今までの東北青年塾と違うのは、お招きする講師は基本的に東日本の方だけでした。今年は全国に広げ、東北青年塾生たちがぜひ直接学んでみたいという方をお招きすることにしました。

                  テーマや講座内容はこれから詳細を詰めていくところですが、講師の方と日程は決まっております。
                  ぜひ、予定帳に記しておいてください。みなさんと東北:仙台でお目にかかれることを楽しみにしております。



                  第39回東北青年塾


                  講師:堀裕嗣
                  月日:3月29日(土) 13:00〜17:00


                  第40回東北青年塾


                  講師:福山憲市
                  月日:6月14日(土) 13:00〜17:00

                  第41回東北青年塾


                  講師:岩瀬直樹
                  月日:7月〜9月 13:00〜17:00
                     (日程を詰めているところです。詳細が決まり次第お知らせします)

                  第42回東北青年塾


                  講師:赤坂真二
                  月日:10月4日(土) 13:00〜17:00

                  第43回東北青年塾


                  講師:甲斐崎博史
                  月日:12月6日(土) 13:00〜17:00
                  場所:秋保温泉「蘭亭」

                  第44回東北青年塾


                  講師:多賀一郎
                  月日:2015年2月7日(土) 13:00〜17:00


                  イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  第38回東北青年塾のご案内

                  2013.12.16 Monday 20:55
                  0
                    IMG_8532

                    以下の通り、第38回東北青年塾をお知らせします。
                    今年度最後の東北青年塾。大好評の青年塾生が講師になって4つの講座を開催します。
                    東北青年塾生が講師になって講座を開催するのもこれが最後。ぜひいらしてください。
                    (来年度はまた新しい企画を考えています。)
                    今回の会場は、東北青年塾初の「エル・パーク仙台」。場所を間違えずにご来場ください。


                    ■日時 平成26年2月1日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
                    ■場所 エル・パーク仙台 セミナーホール1
                    ■定員 40名
                    ■会費 1000円
                    ■講師 武田直樹(仙台)/小川まりも(山形)/片野靖久(茨城)/佐々木潤(石巻)
                    ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

                    ■内容
                    武田直樹
                    幼稚園教諭のファシリテーション
                    幼稚園では子どもたちが自由に活動をする時間がたっぷりあります。
                    自由ではありますが,放任ではありません。
                    幼稚園の先生たちがどのように活動をファシリテートしているのか,みなさんに紹介できればと思います。
                    「保育技術」を「授業技術」に転化できるような講座を目指します。

                    小川まりも
                    信頼ベースの外国語活動〜英語絵本の読み聞かせを通して〜
                    一冊の絵本を核にして、先生と子ども、子どもと子どものコミュニケーションを大切にする活動を提案します。
                    模擬授業で、英語絵本の持つ魅力を感じてください!


                    片野靖久
                    『社会』をトンボの眼になって捉えよう
                    私がここ3年取り組んでいる「社会を見る眼」が果たして他の先生方にも使えるものであるか検証したく発表します。

                    佐々木潤
                    あなたの社会科授業をおもしろくするネタ大放出!
                    社会科嫌いが進んでいると言われています。子どもも教師もです。「社会科の授業をどうやっていいかわからない…。」「子どもたちに興味を持たせたい。」と思っているあなたにとっておきの社会科ネタを教えます。これで明日から社会の授業が楽しみになる!

                    イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    第37回東北青年塾のご案内

                    2013.10.29 Tuesday 20:13
                    0
                      IMG_5792

                      遅くなりました!
                      以下の通り、第37回東北青年塾をお知らせします。
                      今年度後半の東北青年塾は、東北青年塾生が講師となっての開催です。
                      大好評だった過去2回に続き東北青年塾生が講師になる会です。4人の東北青年塾生が、ご自分の興味ある学習活動をテーマに講座を開きます。どうぞ、お気軽にご参加ください。

                      今回は、いつもの場所と異なり、秋保温泉「蘭亭」会議室です。
                      実は、この日、青年塾生の忘年会を兼ねています。
                      もちろん、こうして告知しているとおり、昼間の「第37回東北青年塾」だけの参加が可能です。
                      ぜひ、おいでください。
                      定員が旅館の会議室のためいつもより少人数です。増席は無理です。お早めにお申し込みをお願いいたします。

                      また、ぜひ、宿泊で東北青年塾のみんなと夜も楽しみたいという方は代表:阿部に直接メール(iabetaka☆yahoo.co.jp ☆を@に変えてください)をください。
                      参加費と宿泊費合わせて2万円で受け付けます。(あと、1,2名、受け入れ可能です)


                      ■日時 平成25年12月7日(土) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
                      ■場所 秋保温泉「蘭亭」 会議室(2階)
                      ■定員 24名
                      ■会費 1000円
                      ■講師 堀多佳子(宮城)/阿部隆幸(福島)/盒蕎蓮併碍繊法身形英亮(仙台)
                      ■申込 ここをクリックしてください(こくちーず画面にジャンプします)。

                      ■内容
                      盒蕎
                      子ども達に自信を持たせたい!「書写」ミニ講座 
                      「書写」と「習字」はどこが違うのでしょうか。正直自分はわかったつもりで、意識さえしていませんでした。
                      担外として決まった時数の中で、子ども達にやる気と自信をもたせる方法を試行錯誤してきたことをお話させていただき、5年教材でみなさんと模擬授業もどきをさせてもらいます。
                      当日、ご持参できる方は「筆」と「(空になった)ペットボトル」をご持参ください。

                      堀多佳子
                      ちょっとだけブックトーク
                      国語の教材に出てくる作者のシリーズの『並行読書』や、歴史の学習での関連図書を勧めたくなることがあります。
                      そんなとき、ブックトークの手法を少しでも心得てると上手く子どもの本への興味・関心を高めることができるようです。
                      そこで、「ちょっとだけ」分かったブックトークの『コツ』と、「ちょっとだけ」の『実演』をやってみたいと思います。

                      阿部隆幸
                      体で表現する社会科
                      ともすると暗記教科と言われてしまいがちの社会科を表現教科として考えてみましょう。
                      ドラマ教育をベースに、小学校の歴史分野を体で表現する授業を模擬授業形式で体験し、考えてもらいます。
                      参加する方々は小学校6年上の教科書、小学校6年社会科資料集、または日本の歴史に関する参考図書を用意できる方はご持参ください。もちろん。当日、パソコンやスマートフォンで調べられても結構ですので必ず必要ということではありません。

                      尾形英亮
                      ハートでつなぎ・つながる外国語活動 〜小学校外国語活動の○と×〜
                      小学校に外国語活動が導入されて4年目になります。現場では教師からも子どもたちからもいろいろな声が聞こえてきます。
                      教師:「ネイティブがやってくれるのが一番!!」「英語教えるなんて無理無理!!」「テンション高くしないと・・・」などなど
                      子ども:「英語でペラペラ話されてもわかんないし」「いつも同じゲームばっかり・・・」「ペアとかめんどくさいし」などなど
                      ・・・どうしてこうなるのか?
                      「英語を教える」「英語を覚える」ことばかりに教師も子どもも目が行きがちだからです。
                      「こんな人間になってほしい」「こんな大人になりたい」・・・・こんな思いからかけ離れた授業が,現場では行われていませんか?
                      ・・・外国語活動の「旅の目的地」はどこでしょう?「全人教育」としての外国語活動を,いろいろなアクティビティの「○と×」を示しながら,皆さんと一緒に考えていきたいです。
                      イベント案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |